【ネタバレ】『すずめの戸締まり』感想と、俗情との結託について

昨日11/13の日曜日に、IMAXで『すずめの戸締まり』を観てきました。育児でなかなか映画に行けない中で、公開直後に行かせてくれた家族に感謝……!

せっかくなので感想をメモしておきたいと思います。

 

■総評:いい映画でした

  • 終わり良ければすべて良し

『すずめの戸締まり』というタイトル、一見すると後ろ向き、ネガティブなイメージになりえるものを、外=未来に向かっていくために必要な行為としてポジティブなイメージへとひっくり返すラストシーン、その演出とアニメーションが本当に素晴らしかったです!作品の構造的な美しさとぴったりとハマっていて、非常に良かった。あのシーンを観るためにもう一度劇場に行きたいですわ!

  • 気になる点もある

一晩経って感想を読んだり考えたりして気になる点も出ているので書いておきますが、その前にネタ的なメモも書いておきます。

 

諸星大二郎原作という捏造された記憶

前作『天気の子』ではPCエロゲー原作ネタがありましたが、私は『すずめの戸締まり』を観ながら、(令和に諸星大二郎先生の原作がこんなに美麗にアニメ化されるなんて、うれしいなあ……)という存在しない記憶が出てきて、後半ずっとニヤニヤしていました。

  • 民俗学に詳しいロンゲのうさんくさいイケメン

稗田礼二郎 - Google 検索

f:id:esbee:20221114121131j:image

宗像草太 - Google 検索

(髪型が違うけど名字が同じ)

 

■批判ポイントについて

本作の批判ポイント、いくつかあると思いますが、11/14時点で大きなものは下記かなと思っています。

  1. 自然災害を人間が防げる、つまり防げなかった災害は人災のように描くのはどうなのか
  2. 問題解決のために自己犠牲を求めるのは、前作(天気の子)から後退していないか
  3. 日本全国の災害の記憶を辿る中で、北海道・沖縄が含まれていない

個人的にはどれもそこまで引っかかりは無かったです。

1はフィクションあるあるだしな……となるし、2は確かにダイジンたちがかわいそうだろ!となるけど、自己犠牲をどうやって乗り越えるかは創作全般の課題で、新海監督作品に強く求めるのは酷だよなという気持ち、3は確かにその通りだと思うけど、北海道沖縄のことを浅く扱うほうが問題あると理解できるので……

(それ以外にも、すずめの無鉄砲さ交通安全意識の低さとかあまりにも他人の親切に乗っかってるご都合主義とか、いろいろあるとは思います)

 

自分としては、次の部分が最も気になる点でした。

 

■当たり前のこと(過去は忘れて楽しく生きていこう)を現実の災害を用いてわざわざ言う意義はあるのか?

id:p_shirokuma先生の感想記事に、こんなブコメをしました

生きるって本当はこういうことだ──『すずめの戸締り』雑感 - シロクマの屑籠

私も昨日観てきて、同じ感想を抱くと同時に、「つらい記憶を忘れて楽しく生きていく」ことを肯定するの、現状肯定でしかなくて俗情との結託だよなと。悪いわけではなく、これが国民的作家に求められていることかもな

2022/11/14 08:15
多少星もいただいていますが、同時に名指しではないですが批判もされています。

生きるって本当はこういうことだ──『すずめの戸締り』雑感 - シロクマの屑籠

つらい記憶を忘れて楽しくってのようわからんが(話の流れは忘れていたつらい記憶と向き合い楽しく生きていくって話だったので)、災害にあってもポジティブに生きていけると言う話だと思う。

2022/11/14 08:33

生きるって本当はこういうことだ──『すずめの戸締り』雑感 - シロクマの屑籠

↓いやいや、忘れていた辛い記憶を取り戻して受容する物語だったでしょ。

2022/11/14 09:59

ここでの論点は、「過去を忘れる」と「過去と向き合う・受容する・乗り越える」は異なるか?ということだと思いますが、私としては同じことの言い換えでしかないと思います。

私は災害サバイバーになったり、近い家族を失ったりは幸運にしてまだ経験していないのですが、メンタル的な経験から、過去のつらい記憶から立ち直った、回復したといった経験は、程度の差こそあれ忘却の要素なしではありえないと思っています。つらさの只中では立ち止まることしかできないのが普通の人間でしょう。

 

『すずめの戸締まり』を通じて、私たち観客は、自然災害は避けることができないこと、しかしそれは自然の中でごく短い時間を生きている人間には不可避であり、つらくても忘れて(向き合い、受容し、乗り越えて)前向きに生きていかなければならないという感動的なメッセージを受け取ります。

しかし私はどうしてもそこで引っかかりを覚えてしまいました。

同じシロクマ先生感想へのブコメで的確なコメントがあったので引用します。

生きるって本当はこういうことだ──『すずめの戸締り』雑感 - シロクマの屑籠

面白かったけど、自分は被災していないので面白がっていいのか悩む。当事者の気持ちを考えると手放しで褒める気にならないというか

2022/11/14 12:21
我々観客が、そうだ!辛かった過去を忘れて楽しく生きていこう!と思うのを、もしまだ悲しみの只中にいる方が観たら「自分たちの不幸をエンタメにして気持ちよくなるな!」と憤るかもしれない……。(ただ実際に被災された方はポジティブに受け止めている人が多いとも聞きます。しかしすべての関係者に確認することは不可能なほど、被害に遭われた方が多くいるということも理解できると思います)

 

東日本大震災から10年以上が経過し、コロナという全人類共通の猛威との戦いを経て共存が叫ばれる時代において、『すずめの戸締まり』は実在の事件や災害をエンタメにすることの意義と暴力性を考えざるを得ない作品でした。

だからこそ今つくられるべき作品であり、ヒットするべき作品である、というのがいまの私の感想です。お読みいただいた方ありがとうございました。

 

■追記

マクドナルドのハッピーセットでもらえるおまけ絵本でめちゃくちゃ涙腺を刺激されたので、みんな読んだほうがいいぜ!(´;ω;`)

 

■追記2

  • 「俗情との結託」については、やしおさんのブログ記事が非常にわかりやすいと思います。

  • 物語の自己犠牲へのアンサーとしては、キラメイジャーが最先端だと思うのですが、他にあれば教えてほしいです(限界を超えた力を手に入れられるパワーアップアイテムに対して、「限界は超えないためにある!」と自分たちで制限時間を設定し、交代で用いることで個人に負担を押しつけないようにする)

     

     

 

『ルックバック』で並行世界とか言ってる人はあほです

 

 

藤本タツキ先生の読み切り『ルックバック』読みましたか?読んでない?143ページだけど一瞬だから!すぐ読んで!!!

 

……読んだ?私はこの作品は紛れもない傑作だと思います。

その説明は別で書くとして、とりあえず「『ルックバック』で並行世界とかいうやつはアホ」であるという理由を説明します。

 

大前提として並行世界と妄想は基本的に区別がつかない

 

昔からのSFではおなじみの並行世界もかなり人口に膾炙したため、安易に並行世界という言葉を使う人が多い気がします。

ブックマークとかにもうじゃうじゃいますね。

 

並行世界もので重要なのは、基本的に交わらない世界同士が、どう関わりあうのか?ということです。

 

なぜなら「別の世界」なんてものはそもそも「妄想」の一言で済むものですから、そうではなく作中世界や我々の世界と同じくらいの存在の重さ、影響力がある、ということがあえてそれを物語のテーマにするには重要なのです。

 

その上で、『ルックバック』の作中描写を「並行世界」と呼ぶ人は下記を無視しています。

 

  1. 作中で並行世界であることを明示していない
  2. 並行世界によって作中の現実や我々の現実が変化するなどの影響を受けていない
  3. そもそもこれはマンガ家=妄想をかたちにする仕事の話

 

以上を踏まえて、藤野の「妄想」の一言で済むものを、わざわざ「並行世界」と呼ぶ人は、最近知った専門用語っぽいものを意味もわからずよく考えもせずとりあえず使ってみている“あほ”です。無視しましょう。

 

『ルックバック』

単行本もチェンソーマンアニメも楽しみ!!

 

 

シン・エヴァネタバレワードリスト(案)

シン・エヴァ未見だった奥さんのために、Twitterのミュートワード用にリストを作りました。

直接の用語と、匂わせで使われそうなのをだいたい時系列で列挙してみたので、作品の振り返りにもなって視聴済みの方はニヤニヤできるかもしれません。

未見の人に誰が登録してあげるのか?……さあ……

 

 

 

 

 

 

 

 

感想はまた別途……

 

 

 

西野サロンを「宗教っぽい」と批判している人に伝えたいこと

先週は西野亮廣エンタメ研究所の話題で持ちきりで、自分もブコメでヒートアップしてしまったので、超久々に記事を書く。

まず結論からいうと、タイトルの意味は

西野亮廣エンタメ研究所は宗教っぽいのではなくて、宗教そのもの」

ということです。以下はその理由と、関連して伝えたいことを書きます。

 

理由

自分は宗教とは昔の人がみんなで集まるために作った方便”だと考えています。

研究者でもない素人の戯れ言ですが、根拠は以下の経験です。

自分自身は具体的な宗教を信仰していませんが、大学時代に宗教学を勉強したときに、フィールドワークで新宗教に潜入したことがあります。

宗教団体の信者が何をしているか、一般的なイメージとしては以下のようなものではないでしょうか。

・信者は教祖にお金を貢ぐ

・信者は教祖の言葉や本を研究し、信者同士で信仰について語り合う

・信者以外の人間を見下している

もちろんそういう宗教もあるでしょうし、n=1の例を一般化は出来ませんが、自分が経験したところは

・日曜日に信者で集まってお経を唱える

・お金の話はしないのでよくわからない(建物は立派)

・集まった後みんなでお弁当を食べたりお茶を飲んで自由解散

こういう活動がベースでした。正直つまんねぇな、と思いました。

もっとこう、ヤバい宗教感がないとレポートも書きづらいな……と思っていたところ、年に一度『全信者が集まり、徹夜でお経をあげて、燃える炭の上を裸足で歩いたりする』イベントがある、と聞きました。

(これはついにヤバいものが見れるかも)と参加してみましたが、実際はこんな感じでした。

・徹夜でお経をあげるけど、高齢者が多いので疲れたら横になれる仮眠スペースもあるし、甘酒や豚汁の振る舞いサービスでお祭り気分

・徹夜のテンションでみんなハイになるが、「今年は寒いけど頑張ろうね!」とかで盛り上がるだけ

・火渡りも「いけるいける!」「ガマンガマン!」「やったー!」みたいな感じで完全に運動会のノリ

 

この経験を通して感じたのは、この人たちは別に信仰とか関係なく、他人と集まりたいからその理由づけに宗教を使ってるだけでは?ということでした。これが自分の宗教理解につながっています。もちろん異論反論あるでしょうが、テロとか起こさない宗教の信者ってこういうのが多数派だと自分は思ってます。

東南アジアに行ったときも、各国キリスト教国とかイスラム教国とかいいますが、実際話を聞いてみると「別に信じてないけど、家族で毎週教会に行くのが習慣になってる」みたいなのが現実のようでした。

 

人と集まるのが主目的という意味で、西野サロンはまさに宗教、というのが自分の理解です。

そして他人が自分の理解できない理由で集まっていると、それは宗教と見分けがつかないという意味でこのようなブコメをしました。

俺たちはたぶん、キングコング西野氏的なものに勝てない話(追記)

反発あるだろうけど、オタクが推し活とか公式を支援とか言って貢ぐのと、西野亮廣エンタメ研究所がやってること、本質的には違わないと思う。自分も含めてほとんどの人は自分以外のなにかに夢中になりたいんでしょう

2021/01/19 11:39

“投げ銭”で1億5000万円超の人気者も登場、日本発で世界を見据えるVTuberプロダクションの野望 | DIAMOND SIGNAL

これとキンコン西野のエンタメ研究所と何が違うん?となったとき、ファンとしては全然違うと言いたくなるだろうけど、部外者からはどっちも同じように異常だと感じるだろうし、オタクにもそういう自覚が必要だと思う

2021/01/19 12:57

スターも集めましたが、反発も当然ありました。

いや、わかりますよ?実際ぜんぜん違うのは。自分もオタクだし。

ただ、西野サロンも宗教も推し活もVTuberファンも部外者からはどれもちょっと異常に見えるというフラットな認識をしたほうがよいのではないか、一概に全否定するのはどうか、というのがブコメの趣旨です。

(もちろん犯罪や詐欺は許されないですけど、何事ものめり込みすぎ・他人への無理矢理な勧誘はいけないということでしかないと思います。私もハマった作品のBlu-rayを無理やり貸したり、映画代払うからといって友人を連れて行ったりしましたけど、やり過ぎないようにしています。普通しない?……そう……)

 

西野サロンを叩く人に伝えたいこと

・人間が集まると変なことになりがちなのは部活だって会社だってそうだし、サロンや宗教が特別ではない(借金玉さんがずーっと言ってるやつね。

参考

・サロンや宗教を中身を踏まえず否定するのは、オタク趣味とかをイメージだけで否定してきた世間と同じだからやめよう

・サロンや宗教を冷笑していると、人と集まって盛り上がることがしづらくなるのでは?今はよくても将来そういうものに参加したり頼ったりすることになるかもしれないし

・それはそれとして西野は自分も大嫌いなので、法に触れてることが明らかになったら全力でぶっ叩こうな!明らかなボロを出すまでは“見”で

 

西野サロンのメンバーに伝えたいこと

・あなた方を叩いている人は実態を知らないので、ひどいことを言う人は無視しましょう

・私はダメリーマンで、現状仕事と育児でいっぱいいっぱいです。本心では仕事でもっと成長したり、有名になったりしたいけど、行動出来ていません。実際に考えて行動しているあなた方はすごいです。

・それはそれとしてサロンのやってることは宗教です。そう言われて頭にきたとしたら、勉強不足です。オリラジの中田さんもサロンと宗教の相似性についてこう言っています。

・宗教について興味が湧いたら、架神恭介先生の『完全教祖マニュアル』オススメです。ぜひ読んでみてください。

完全教祖マニュアル (ちくま新書)

完全教祖マニュアル (ちくま新書)

 

・仕事も趣味も、のめり込みすぎると身体や心を壊してしまうように、サロン活動も用法用量を守って取り組みましょう。並行して他のボランティア活動や自分の趣味にサロン経験を活かせないか試してみてはどうでしょうか?

・もし悩みがあるなら話くらいなら聞きますよ

 

まとめ

  • この記事で言っていること
  1. 西野サロンは「宗教っぽい」のではなく「宗教」
  2. サロンも宗教もオタク活動も他人が印象だけで全否定するのはやめよう
  3. 何事ものめり込みすぎるのは良くない。用法用量を守ってやろう

 

  • 言っていないこと
  1. 西野サロンのメンバーは頭が悪い
  2. 西野サロンを叩く人は頭が悪い
  3. 西野サロンを叩く人は陰キャ非モテ
  4. サロンも宗教もオタク活動も素晴らしい、批判する奴はクソ

 

参考

・オタクと宗教で検索したらこういう研究者が出てきました。興味深い部分を引用します。

キャラを二次創作する活動自体が「宗教」であるとは言い切れませんが、そこに「宗教的な原理(=宗教性/スピリチュアリティ)」が働いていることは、疑いの余地がありません。どういう原理かと言うと、キャラを通して「現実」と「理想」を結びつけようとするファンの意気込みです(宗教学では、前者を「日常/俗」、後者を「非日常/聖」と呼ぶ)。仏教やキリスト教といった世界宗教において、人々が預言者・教祖・聖人たちを偶像化し、個々の人生の模範・指針とみなすのと同じ原理です。

 

・ひとりで生きてきた人間が、死ぬときはどうなるのか?ひとりで死ぬにはどうすればいいのか?というテーマで、カレー沢薫先生がそのものズバリを現在進行中で扱ってて注目してます。誰にも頼らず生きていく、というのは現実的に難しいようです。

 

 

西野亮廣エンタメ研究会の客観的な内情はこちらのブログがまとまってるように思いました

 

・記事で言ってること・言ってないことメソッドは本しゃぶりさんからパクリました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『ジョーカー』感想 明日から頑張ろう!と思わせてくれる名作でした

Call Me Joker

wwws.warnerbros.co.jp


ジョーカー、公開2週目の日曜日、台風一過の翌日に見てきました。


超〜良かったですね!
事前の評判だと陰々滅々として凹みかねないな、それだけならまだしもジョーカーと同一化して休み明け職場の上司や同僚に危害を加えかねないかもしれないな、大丈夫かな、そしてそんな映画が台風明けの3連休中日に満員御礼とかやっぱりこの国は病んでいるな……とか思ってたら、確かに序盤から中盤は主人公アーサーの辛い境遇と、共感性羞恥を引き起こす描写の数々でストレスが溜まったものの、終盤にかけて「自分のやりたいこと」と「得意なこと」が重なってイキイキしてくるアーサーに(殺人だけどネ☆)、自分もやりたいことをやってイキイキと生きていきたいな!と思わせてくれる素晴らしい人間讃歌の作品でした。

映画館を出るときはジョーカーのようにスキップして踊りだしたい気分に。あーいい映画を見れた!幸せ!

なので、評判だけでKKO!問題提起!社会批判!みたいな作品かなと思って敬遠している人には、「いや、そういう見方もできるけど、第一によくできたエンターテイメントなのでぜひ見てみて〜」となる映画だったので、劇場にどうぞ!以上感想終わり。


ざっと見て、まず自分と同じような感想を得ている人としてはマシーナリーとも子さんとか黄金頭さんでした。
(マシーナリーとも子はネタバレバリバリなので注意)



読み応えのある批評としては、漫画皇国さんの下記記事がおすすめです。


(この記事の言うとおり、「この映画に影響されて犯罪者が出てくるかもしれない」とか言ってるやつは「自分はそんな状況でも自制できるが、あいつらはどうなるかわからないぞ?みたいななんの根拠もない区分を設けているクソ野郎だと思うよ)



あと、好きだったギャグ描写としては、予告でも流れている階段を踊りながら降りるジョーカーが、実は後ろに警官がいて、完全にヘンな人になってるのをポカーンと見ているカットと、そこから始まる鬼ごっこが完全にチャップリンとかのコメディ映画のノリ、それがラストのアーカムアサイラムでも繰り返されるというあまりにも取ってつけたコメディ要素足しときました感で笑えました。人生は喜劇だ!


ついでに、ジョーカーの年齢だとバットマンと戦うには無理あるよねーというのは自分も見ながら思っていて、多分アーサーはジョーカーというミームのきっかけで、それからアーカム精神病院の患者でそのミームに感染した人間がジョーカーとして現れてきたのかなーと思ったり


ヒーロー映画としての『この世界の片隅に』

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

 映画『この世界の片隅に』を公開翌日の11/13に池袋で観てきた。

ネットで評判の良い映画を観に行く程度の映画好きとして、この映画もその前評判の高さから期待を無茶苦茶高くしていたのだが、期待をはるかに越えるどころか散々に打ちのめされるレベルだった。恐らく映画史に残るであろう映画がリアルタイムで観れるというのはなかなか無いと思うので、少しでも興味があればぜひ観にいってほしい。

 

 しかし、この映画はその素晴らしさにも関わらず本当に感想が書きづらい。内容もディテールの詳細さ含めて書くべき事がないどころかありすぎるぐらいなのだが、「容易に感想を書いてはいけない」という気にさせられる。

 恐らくそれは、この映画が主人公浦野(北條) すずさんの人生をあまりにも実感を込めて描いているから、容易には語れない、語ってはいけないという気にさせてしまうからではないか。(普通の人間は他人の人生を簡単におもしろいだの感動したなんて言わないし言えない。自分の人生だってどうなるかわからないのだから、ここで簡単に言える人間は評論家か作家の才能があると思う)

 

 ここまで言った上で何か書くことがあるのかと自分でも思うが、とりあえず一回観にいっただけの時点での泣いたポイントを控えておこうと思う。内容にも触れてるので続きを読むで

 

続きを読む

アラン・ムーアのヒーロー論メモ

新世紀読書大全 書評1990-2010

新世紀読書大全 書評1990-2010

 「我々はみんなすごいパワーを持ってるが、たいていの人間はソファに座ってビールをかっくらってテレビを見ているだけだーーーもしテレパシーとかスーパー・ブレスとか飛行能力とか無敵の身体を手に入れたとしたって、やっぱりソファに座りこんでテレビを見ながらビールを飲んでるだろう……我々が阿呆なら、できあがるのは光より早く走ってかっちょいい服を着た阿呆だ。それで世界がよくなると思うかい?
 重要なのは普通の人間こそが素晴らしいものだということなんだ。普通の人ができること、普通の人間が可能なあり方こそが素晴らしいんだ。世界を良い場所にも悪い場所にもできる、そのことが素晴らしいんだ。スーパーパワーなんて要らないんだよ……『ウォッチメン』やそのあとの作品で、わたしが言わんとしていたのはそういうことだ」
(柳下 毅一郎、『新世紀読書大全 書評1990-2010』p163、初出〈映画秘宝〉2009年5月号)

アラン・ムーアの発言としてTwitterとかで見つかるけど、出典がわからなかった。最近柳下毅一郎さんの『新世紀読書大全』読んでたらそれらしいのがあったのでメモ代わりにブログに載せとく。

正直この引用だけだと条件満たさないので少し付け足しとくと、ガッチャマンクラウズペトロニウス氏のブログ(物語三昧〜できればより深く物語を楽しむために)でよくいわれている脱英雄譚みたいなことを踏まえて、その辺を一番はじめに自覚的にやったのはアラン・ムーアなんじゃないの?と思ったから。

しかしこの引用の元発言自体が出典書かれていないので、アラン・ムーア本人の発言はどこなんだろう……この辺ふまえてで近年の日本のアニメマンガについてなんか考えたいことや言いたいことがモヤモヤしてる