読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身につまされる『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』読んだ

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと


ブログも好きで読んでる(最近は小説執筆が忙しそうだが)和田一郎さんの本、今更ながら読んでみた。買うだけは発売日に買ってたんだが

自分も子どものころとかは「サラリーマンなんてなりたくないぜ~そんな人生では満足できないぜ~」とか嘯いていたくせに、案の定サラリーマンとして日々糊口をしのいでいるのだから笑っちゃうが、和田さんの後悔はまたそういう人間にピタッとはまっており、胸に痛い。

クリエィティブな能力の開花は、早熟な人もあれば、かなり遅咲きの人もいる。就職する頃にその分野で何か注目を浴びるような仕事をしていない人は、早熟であることを諦めた方がいいのではないだろうか。

(自分の仕事が事務系なこともあり)誰がやろうとあまり変わらないと思うと、せっかくなんだから自分にしか出来ないことをやるべきなんでは?とか思って発作的に辞めたくもなるのだが、とりあえず天才でないのは自明な年齢なわけで、うーん、まずは仕事を頑張って幸福な家庭を築くべきかとか余計な雑念ばかりが募る年頃なんやよねえ……


そしてサラリーマンとして、組織人として生きていくこと、出世することの大変さもわかってくると、そういう人を見る目も変わる。「家庭の事情」が数十年存在しない人なんてまずいないわけで、ほとんどの人は何らかの苦労を抱えながら、かつ仕事も回していると思うと、サラリーマンや組織人を馬鹿には出来ませんわ。

(学校の部活を思えばわかるけど、せいぜい十数人から数十人の中でレギュラーになるのも大変なんだから、会社で成功するのも大変なんだということに子どもの頃は気づかんもんなんだと今更反省する)

和田一郎さんは失敗したというけれど(この辺finalventさんにも近いが)現在は会社を興して軌道に乗せ、単著出してるわけで十分チャラにしてるというか大成功だろ!と思わされるので過剰な感情移入は危険だが、人生振り返るいいきっかけの本でした。小説も楽しみにお待ちしてます。


さてどうすっか自分の人生……